理想の収納方法

布団の理想的な収納方法とは?

押し入れに収納されることが多い布団は、その方法を工夫するだけで押入れにしめる割合が異なってきます。
購入した時と同じ袋にいれそのまましまった場合は押し入れのほとんどの部分を埋め尽くされてしまい、他にしまうべきものが入らないといったケースになる可能性があります。
したがって少しでも大きさを小さくして収納することが何よりも大切なポイントとなります。
布団を小さくする方法として圧縮袋を使う方法が用いられています。
圧縮袋を使用することでもとのサイズから何分の一にも薄くすることができ、何枚入れても押入れの空間を確保することができます。
圧縮袋はスーパーやネットで購入することができ、布団のサイズに合わせて購入することができます。
収納方法1つ工夫することで空間を上手に使え、他にしまうものも問題なくしまうことができます。
また使用する時にはジッパーを開けるだけでもとの大きさに戻るためとても便利なグッズとして圧縮袋が用いられています。
工夫することで差がでるのがこのような大きな家財です。

スペースを有効利用するための布団の収納方法

布団は重くてかさばるので、収納するのに一番手を焼くアイテムです。
収納のスペースは限られているので、布団をどのように仕舞うかが、スペースを有効に利用するカギになります。
最も省スペースで、長期保存に向いている方法は、圧縮袋です。
圧縮袋の中に入れて、掃除機で中の空気を吸い込めば、ぺったんこになり、スペースをかなり節約することができます。
ずっと入れっぱなしにしていると、少しづつ膨らんでくることがあるので、定期的に空気を抜くことも大切です。
また、くるくるとロール状に巻いて、立てて収納するのも省スペースです。
中に除湿シートや防虫シートを一緒に巻き込んでおくと、次に使う時も、フワフワで気持ちの良い状態で使えます。
羊毛や羽毛の場合は、圧縮袋や丸めて保管するよりも、オーソドックスな三つ折りの方法がベストです。
デリケートな素材なので、次に使う時までに最良の状態で保つには、素材に刺激を与えず、丁寧に扱うことが大切になります。

注目サイト


旅行会社 システム



Last update:2020/2/28