清潔に保つために

布団に潜むダニを撃退する方法

フワフワとして温かい布団は、いつまでも外に出るのが嫌になるくらい気持ちの良いスペースです。
しかし、そう考えるのは人間だけではなく、ダニの恰好の住み家ともなっています。
布団に潜むダニを撃退する方法としては、天日干しするのが最適だとされています。
干した後は、死骸や糞をきれいにするため、さっと掃除機をかけることも重要になります。
干しただけで、掃除機をかけずに使用すると、表面に着いたホコリや糞などが原因となり、アレルギー症状を起こしてしまう場合もあります。
また、近頃は天日干ししなくても清潔に保つことができる、布団用掃除機も販売されているので、使用してみるのも良いでしょう。
天日干しは、1週間に1度行うのが理想的ですが、そんなに頻繁にできない場合は、最低月に1回は行うようにします。
収納する場合は、温かさを好むダニが繁殖しないように、天日干しの熱が冷めてから、押し入れに戻します。
しっかりとケアして、快適な眠りを手に入れましょう。

布団を干してダニ退治を行う際の注意点

布団につくダニを退治するには、いくつかの方法がありますが、代表的なのは天日干しを行うことです。
晴れた日に干すことで、湿気を逃がすことができるのでとても有効な手段になりますが、干した後が大切です。
干すことでダニが表面に出てきてしまう可能性が高いので、むやみに叩くと逆に拡散させてしまうことにもなりかねません。
そうならないためにも、布団を取り込んだ後は、忘れずに表面部分に掃除機をかけることが重要です。
この時、表面と裏面の両面に掃除機をかけることが必要です。
晴天に恵まれにくい梅雨の季節などは、外に干せない日も多くなるので、こうした掃除機がけを行うだけでもある程度の効果が期待できますので、可能であれば週に1度くらいのペースで行うようにしましょう。
また、布団を取り込んでしばらくの間は温かい状態になっていますので、このまま押し入れに入れてしまうとダニが集まりやすくなるので、取り込んだ後はしばらく室内に置いて、冷ました後に押し入れに入れるようにしましょう。

recommend


サッカーユニフォーム レプリカ



Last update:2020/2/28